Drone × 農業で日本の土作りを世界に

ドローン米プロジェクトとは

ドローン米とは最先端ドローン技術を活用し農薬に頼らない農法で栽培したお米です。

「ドローンを産業用ヘリの様な農薬のイメージではなくオーガニックと安全な食のイメージに繋げたい。」そうしたドローンジャパン株式会社の勝俣社長と私の共通の想いが共同研究をスタートさせたきっかけです。そしてドローンジャパン株式会社の技術により精密な無農薬栽培が可能となりました。

例えばドローンにより肥料の足りない水田の圃場がデーターで確認出来そこに追肥をドローンで撒くことで資材のコスト削減。更に上空から撮影した特殊なカメラにより農薬を使用している圃場と使用していないか一目でわかりますので今後、有機認証もより精密にさせる事が可能です。データーも今後も更に研究を重ねますが、まずはドローンによる有機栽培で形となった第一弾が「ドローン米」です。

ドローンによる最先端の農業技術をこの旭川から発信致し、地元の農業にも貢献したいと思っております。海外には農薬を必要以上に撒き緑が少なくなっている国もあります。今後このドローンによる土作りで人にも自然にも安全な食を日本から発信し、やがて世界にこの農法を広げていくのがドローンジャパン株式会社と市川農場の目標です。

ドローン米の特徴

農薬・化学肥料に極力頼らない米づくり

オーガニックの生産過程ではどうしても稲の生育にムラが出来てしまいます。

様々なカメラセンサーを搭載したドローンを活用することでムラがあるところを把握できます。地上から見えなかった場所へも的確に追肥ができるのです。これによって肥料のコストを抑えられ収穫量を上げることができます。

ドローンによるリモートセンシング

今までは人工衛星が農業では中心でしたがドローンにより撮りたい時にいつでも、しかも精密なセンシングをすることができます。

圃場をドローンで自動航行させマルチスペクトラムセンサーで撮影します。このマルチスペクトラムセンサーでは人間が見ることができるRGBといった可視光だけでなく人間の目では見えないレッドエッジや近赤外で撮影することができます。

そのデータを解析することにより農作物の生育状態や健康状態、病害虫の発生を示すことができます。

動画で紹介

市川農場 生産者 市川範之プロフィール

役職(有)農業生産法人 市川農場 代表取締役
神楽農機JAPAN(株) 取締役顧問
受賞履歴毎日新聞農業記録賞・全国最優秀賞受賞
農林水産大臣賞受賞

主な実績

1995年市川農場・就農
1999年ゆきひかりのアレルギー対応加工食品
旭川市の道北調剤薬局との共同開発で日本初の米粉100%の乾麺他、ゆきひかりの加工食品の開発。
1999年北海道新聞「プリズム」に有機農業をテーマとした記事を執筆(約1年)
2010年米粉100%によるパスタの製造・開発
小麦粉・増粘多糖類を含まない米粉100%によるライスパスタの開発。
2012年「北瑞穂」を産地品種銘柄を申請し農水省より承認。
兼ねてより北海道農業研究センターと研究していた品種「北瑞穂」の品種銘柄申請。
2013年「現代農業」の2月号に284~287ページ米粉100%ライスパスタの記事を執筆。
2014年レジスタントスターチ米・難消化性米の加工開発
難消化性を含む米による日本初のダイエット加工食品の開発。スリム玄米・スリムヒカリ商標登録。
日本初の「ゆきひかりのパックご飯」開発。
2015年産業用ドローンによる無農薬栽培の実践。
2016年「ゆきさやか」を産地品種銘柄申請し農水省より承認される。
兼ねてより北海道農業研究センターと研究していた品種「ゆきさやか」の品種銘柄申請が承認され
極良食味米「ゆきさやか」が店頭販売可能に。全道の農業者が「ゆきさやか」の栽培を可能にさせる。
2016年神楽農機JAPAN(株)取締役顧問 就任 産業用ドローン飛行技術指導・産業用ドローン開発指導。
2016年JAあさひかわ「ゆめぴりかパックご飯」の開発。
2016年ドローンジャパン(株)ドローンによる無農薬栽培の共同研究。