facebook

ゆきひかりは、昭和59年に北海道で栽培されていた昔のお米の品種です。
現在ではほとんど栽培されていないお米で、北海道でも約1%しか栽培しておりません。
ゆきひかりは従来のコシヒカリ系の米ではなく、うるち米系の品種です。

市川農場の醸造用精米機

77%精米、65%精米ゆきひかりついては市川農場自社の醸造用精米機で精米しております。
通常の精米機とは異なり少しずつ石臼式でお米の表面を少しずつ削り65%精米は
約15時間かけて精米し吟醸米に磨きあげ、糖質、たんぱくを削ります。
お米の表面を45%精米まで磨き上げた大吟醸は純米大吟醸酒「御料」として提供しております。

»  精米されたゆきひかり

ゆきひかり米粉専用製粉機

市川農場の製粉機は4台ありまして、ゆきひかり専用製粉機とそれ以外の製粉で使用する
製粉機を分けて使用しております。ゆきひかり専用製粉機は完全に密閉された工場なので
コンタミノ心配はありません。 米粉はストックした大量生産ではなく常に製粉したてで、
当り前な事ですがその年に栽培した上質なお米のみを使用しておりますので美味しく新鮮です。