• home
  • >
  • スリムヒカリとは

難消化性レジスタントスターチ米「スリムヒカリ」とは…

日本で初めて難消化性の成分を記載しレジスタントスターチ米を発信したお米です。
難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)は胃で吸収されずに大腸まで届く野菜の食物繊維の様な天然の食物成分です。
その為、他のお米や麺類の様に炭水化物ダイエットをしなくても、吸収されないので安心して食べられる炭水化物です。 平成27年1月よりレジスタントスターチ米を「スリムヒカリ」というブランド名にしました。
スリムヒカリの難消化性の成分は人工的に作られたり添加したものではなく天然の難消化性(レジスタントスターチ)の成分です。
腸内環境と体重抑制の機能性が期待される次世代のお米で今後、難消化性の成分が更に注目されていくと思います。

スリムヒカリ5kgパック

> 商品詳細を見る

レジスタントスターチは食物繊維の様な働きをする食物成分です。

品目何消化性でんぷん
(レジスタントスターチ)
スリム玄米
(スリムヒカリ玄米)
2900mg
コシヒカリ白米炊飯検出せず
コシヒカリ玄米検出せず
一般米A検出せず
こんにゃく検出せず

<表1>:およそ茶碗一杯分あたり

食物繊維が豊富な野菜の様な安心炭水化物です。

ご飯を冷ますとでレジスタントスターチのお米になると言われていますが・・・

よくインターネットでレジスタントスターチについて調べると、ご飯を冷蔵庫に冷ますとレジスタントスターチの成分が高まるという記事をよく目にします。
しかし市川農場の研究では実際には現在の日本の米のほとんどの品種は検出されないのが現状です。例えば<表1>ではコシヒカリその他の銘柄もを炊いて冷蔵庫で冷ましてもレジスタントスターチの難消化性の成分は検出されませんでした。
お米のもつでんぷん質がもともと難消化性でなければレジスタントスターチは全く検出されないのです。スリムヒカリはお米のでんぷん質そのものが、天然の難消化性の成分なので元々、従来のお米とは全くでんぷん質が異なる品種だということです。

レジスタントスターチ米「スリムヒカリ」を加工したダイエット食品

栄養分析表一食
エネルギー85kcal
ナトリウム225mg
たんぱく質2g
脂質0.5g
炭水化物15g
食物繊維1020mg
難消化性でんぷん
(レジスタントスターチ)
2900mg

スリム玄米5袋セット

> 商品詳細を見る

開発当時よりレジスタントスターチ米を推薦して頂いている料理研究家の成瀬紀子さん

料理研究家
成瀬紀子さんのコメント

レジスタントスターチは老化でんぷんや未成熟のバナナなどに含まれています。
しかしながら、市川農場さんのレジスタントスターチ米[スリムヒカリ」はお米でも難消化性でんぷんの成分が高いのが興味深いですね。そして何よりも美味しいのがすばらしい!レジスタントスターチは胃や小腸で吸収されずに大腸に届くでんぷん質なのでダイエットや大腸の予防にもなるので嬉しいですね。
おいしく食べて、心もからだもすっきり!期待の大きい食材だと思います。

成瀬紀子さんのホームページ
http://colorfulfooding.jp/