facebook

  • オンラインショップ
  • ブログ
  • 商品一覧
  • アレルギー対応レシピ

印刷して冷蔵庫に貼っておきましょう♪

ラベル表示使用目的安全性と使用されている食品
ソルビン酸
ソルビン酸カリュウム
保存料亜硝酸Naと一緒にとると体のバランスが悪くなったり、発ガン性の不安がある。
主にハム、漬け物、練り製品の他、いろいろな食品に使用される
保存料 パラオキシン安息香酸Na
パラオキシン安息香酸
酸化防止剤発ガン性の疑がいあり、体の異変を起こしやすい。主に清涼飲料水等に入っている。
保存料 (デビトロ酸化ナトリウム)酸化防止剤デビトロ酸は1991年禁止。諸外国でもほとんど許可されていない。
着色料(赤2号・赤104号・黄4号)
着色料(コチニール
酸化防止剤黄4号(タール色素)はイライラ・暴力などの精神障害の原因。コチニールは虫を粉末にした天然色素だが安全性では疑問がある。外国では禁止されているものもある。
発色剤(亜硝酸ナトリウム・硝酸カリウム)酸化防止剤他の添加物と反応して発ガン性をつくることもある。ハム、ソウセージ、タコ、イクラ等など。
防カビ材(TBZ)酸化防止剤発ガン性の疑いがある。柑橘類やバナナに使われている。
防カビ材(opp)酸化防止剤農薬として使用。動物実験では発ガン性が記録されている。レモン等に塗られる。
甘味料(サッカリン・サッカリンナトリウム)酸化防止剤発ガン性の危険から1973年一般使用禁止したが制限付き再認可。漬け物類など。
甘味料(ソルビート)酸化防止剤大量にとると下痢になる。主に菓子類、あん、練り製品などに含まれている。
甘味料(アスパルテーム)酸化防止剤フェルケトン尿症の患者・妊婦は注意。清涼飲料水に使用。知能障害の原因
酸化防止剤(BHA酸化防止剤食用油に使用されていたが、ガン発生や他の危険性が高く、一部を除き使用禁止。
酸化防止剤(BHT)酸化防止剤脱毛の原因。動物実験では脱毛・無眼症も記録されている。油脂・バター・魚冷凍品など。
酸化防止剤(ビタミンC=L・アスコルビン酸ナトリウム)
(ビタミンE=dl・トロフェロール)
酸化防止剤BHA・BHTより酸化防止力は劣るが危険性が少ないと言われている。
酸化防止剤(EDTA Na2)酸化防止剤体内カルシウムが現象する。缶詰または清涼飲料水などに含まれる。
品質保持剤(プロペレングリコール酸化防止剤とりすぎると肝臓・腎臓に障害や染色体異常も。生めん・パン・洋菓子等。
品質改良材・結着剤(リン酸ナトリウム)酸化防止剤歯ごたえをよくするために使われるが多食すると骨の形成異常。ちくわやハム等。