facebook

ゆきひかりは、昭和59年に北海道で栽培されていた昔のお米の品種です。
現在ではほとんど栽培されていないお米で、北海道でも約1%しか栽培しておりません。
ゆきひかりは従来のコシヒカリ系の米ではなく、うるち米系の品種です。
市川農場では昭和59年-平成元年まで「ゆきひかり」を栽培しておりましたが、あるお客様の出会いを
きっかけで平成5年に「ゆきひかり」の栽培を復活させまして現在にいたります。

ゆきひかり悪玉菌退治

ゆきひかりは粘りが少なくアミロースがやや高い品種で、タンパク質も他の品種よりは少ないお米です。
ゆきひかりが悪玉菌を退治するという記事が北海道大学の教授より公表されました。

「特別栽培ゆきひかり」残留農薬・放射能の検査結果

特別栽培ゆきひかりの残留農薬と放射能の検査結果です。
これまで残留農薬の検査は24項目の検査を実施して来ましたが、
今年度より残留農薬146項目の検査を実施し、放射能検査も合わせて実施しました。
すべて「検出せず」という結果です。
※上記検査は2011年9月に実施したものです。

»  残留農薬検査結果データ2

»  放射能検査結果データ

ゆきひかりを科学する

アレルギー研究会に検査を依頼しまして、米アレルギー患者さんの
血清を使用しCAPRAST測定でゆきひかりの科学的なデータを研究しました。
抗原濃度についてはコシヒカリとほとんど変わりませんでした。
アレルゲンの抑制率については「ゆきひかり65%精米」はコシヒカリの
約1/2の抑制率を示しました。

»  成分データ1

»  成分データ2

»  成分データ3

通常精米と77%精米、65%精米の違い

右の画像は「通常精白米」・「77%精白米」・「65%精白米」・「米粉」を
を比較したものです。お米の角が丸みをおびタンパク質がです。

»  成分データ1

»  成分データ2

»  成分データ3

ゆきひかりを試される前に

アレルギーは人それぞれいろいろな原因がありますので、出来れば
信頼できる医師とご相談の上ご購入ください。